LITTLE CAROL

HOME


Category: blog
Posted by: littlecarol
♪リトルキャロルを支えて下さる皆様

新年のご挨拶をさせていただきます。
2018年はCDアルバム制作と様々なコンサートの機会をいただけました。
制作スタッフの方々・各メンバーを支えて下さる方々には深く感謝しております。

さて、2019年平成最後の春を迎えました。
今年もたくさんの皆様にキャロルの歌をお届けできるように励んでまいります。
何卒宜しくお願い致します。

♪リトルキャロル

null
[18/12/27]

目的

Category: blog
Posted by: littlecarol
怒涛の本番三昧が終わり、ふと気がつくといつの間にか忘年会シーズン。
忘年というけれど、2018年のあんなことやそんなこと、全部忘れたくなーい!
(忘年の本当の由来は、年功序列を忘れようとの意だそう)
リトルキャロルの練習はもちろん大変なこともたくさんありますが、
忘れたくないことばかりです。
歌うことが大好きで音楽を心から楽しみたい、そしてお客さんも楽しませたい!
そんな強い想いをもつ人が集まっていて、
さらにそれを実現させてくれる環境がある、
これが素晴らしいなと思います。
音楽ってそういうものでしょ?と当たり前のように感じますが、
そんなことはない、
とても贅沢でかけがえのないことなのです。

先日、老人ホール「シルバーシティ武蔵野」のクリスマスパーティで演奏させていただきました。
嬉しかったのは、お客さんとの距離がとても近かったこと。
ステージの段差もなく、
会場は均等に明るく照らされていて、
お客さんの表情がかなり細かく見えるのです。
(そして少しのミスも誤魔化しがきかない...笑)
だんだん会場の空気に慣れてくると、
微笑んでいるお客さんの顔が見えて心にゆとりができ、
「あ、あの人に歌いかけたいな」「この曲のこの言葉を聴かせたいな」
と考えながら歌っている自分がいました。

本番近くなると、つい振付の練習や暗譜に必死になって、
そのものの目的を忘れかけてしまうことがあります。
― いったい私は何のためにこんなに頑張ってるの? ―
目指していたものに近づいてやっと、
「そうだ、これだ!」
とハッとすることがしばしば...
目的を見失わないことはとても大切です。
これは音楽に限ったことではありません。
結局、
自分自身が楽しいから、誰かに楽しんでほしいから。
この2つかなと思います。
そしてこの2つが同時に存在している空間ってなんてすてきなのでしょう^^!

今年も残すところわずか。良いお年を!!!

Y.K.
Category: blog
Posted by: littlecarol
善光寺、六本木ヒルズでのコンサートにお越し頂き
ありがとうございました。

24日は開演時間が1時間半もおしてしまったにも関わらず、
お待ちいただき、そして最後まで聴いてくださりありがとうございました。


3日間連続のコンサートが終わった24日の晩御飯は
夫が朝から仕込んでくれたチキンの丸焼き(?シャレた言葉が見つからず。)
を頂きました。

美味しいねー、でもちょっと塩分が多めね〜と色々話しながら、
コンサートの感想を聞きたくてしょうがない私は

私「マモンのコンサートどうだった?上手だった?」
(基本的に《上手だった》という言葉しか聞きたくないので、
クローズドクエションで質問します。)

子「うん、マモンじょーずだった!!!」

私「ありがとうーー可愛かったっしょ?」

子「マモン、かわかった!」

私「パパは?」

夫「うん、よかったよ。みんな寒そうだったねー」

私「ん???上手だったの? なら良かった!
今日は風が強くて寒かったよ。。。リハーサルの時に風が強すぎて、
吹き飛ばされるかと思ったわ。でも楽しかった。」

夫「Cool!楽しかったなら、良かった。」

私「・・・あの、3日間ありがとう。すごく大変だったよね?
子どもの面倒もご飯もありがとうございます。
歌う事はもちろん楽しかったけど、友達と一緒に過ごす時間が長かったから、
色々話せて本当に楽しかった。」


友達とは週に1度3時間の練習で会ってはいるけれど、挨拶しかしない事もしばしば。
なのに、1年に1度のクリスマスの時だけは、たくさん話す時間があって、
笑って、笑いすぎて泣いて、コンサートが終わってからの失敗談を共有しては
また笑って。ずっと笑って過ごします。

歌う事が大好きで続けていると思っていたけれど、コンサートの合間にある
この時間が好きで続けているのかも。と初めて感じました。

私を自分らしくさせてくれるこの環境「リトルキャロル」が
私の人生を有意義にさせてくれていると実感した2018年のクリスマスでした。

仕事も育児もリトルキャロルも頑張る母で有り続けたい。
そう思い、新年を迎えたいと思います。

S.LOZACH
Category: blog
Posted by: littlecarol
みなさん、こんばんは
三連休どうお過ごしですか?

リトルキャロルはというと
お昼には有楽町で行われた第40回ユニセフ『ハンド・イン・ハンド』に。
夕方には長野県善光寺にて行われた『灯明まつり クロージングコンサート』に出演してきました。

新幹線で移動と強行日程での出演となりましたが、お寺の中で歌わせていただくなどとても貴重な経験となりました。

曲目は、今年発売させていただいたアルバム、「リトルキャロルのくるみ割り人形」から抜粋。クリスマスのこの時期にぴったりなステージということもあり、楽しんでいただけたのではないでしょうか?

null

明日は、毎年恒例の六本木ヒルズコンサート。振りもつけてチャイコフスキーのくるみ割り人形をリトルキャロルらしく歌わせていただきます。

開演 14:30
場所 六本木ヒルズアリーナ
http://www.roppongihills.com/sp/christmas/2018/event/concert.php


六本木ヒルズもいつも通りイルミネーションやクリスマスマーケットで賑わっております。お近くを通られた際にはぜひお立ち寄りください!

お待ちしております。
Category: blog
Posted by: littlecarol
いよいよ本番が近づいています。
昨日は、最後の週末練習だったので、3時間みんなで歌い続け、踊り続け、
フラフラになりました(笑)追い込んでおります!
最終確認ができ、本番に向けてテンションが高まってきましたー!
今年は3つの場所で皆さんとお会いできます。
是非、遊びにきてください!

12/23 (日)
 ★ユニセフ「ハンド イン ハンド」 
【出演時間】12:05〜12:20 @JR有楽町改札前広場

 ★Nagano design week
 【出演時間】18:30〜19:30 @長野県 善光寺大本願

12/24 (月)
 ★六本木ヒルズ クリスマスコンサート2018
 【出演時間】14:30〜15:00 @六本木ヒルズアリーナ

*******出演情報の詳細はこちらをご覧ください*******

日本語詞でお届けするくるみ割り人形。
2年前に演奏した英語バージョンとはひと味違う、日本語詞に合ったNEWバージョンのステージングでお届けします。お楽しみに!
20181218-img_8464-2.jpg
NEWバージョンな感じが伝わらない写真ですみません^^
一生懸命練習しています。

<おまけ>
先日、ニューリリースしたリトルキャロルのCDを、お世話になっている方々にお届けしたのですが、今ごろ、聴いていただけているかなぁとソワソワしています。
その送付作業をしたときの写真です。机いっぱいに広げて一生懸命作業したのに、その瞬間は必死すぎて写真を撮り忘れ、終わってくつろいでいるところの写真です^^ *******CDリリース情報はこちらをご覧ください*******
20181218-img_8462.jpg
Category: information
Posted by: littlecarol
 SBCラジオ 「麻衣のミュージックランデブー」にリトルキャロルメンバーが出演します。
 オンエアは4回にわたり放送されます♪

 第1回 日時:2018/12/8(土)
 SBCラジオ 「麻衣のミュージックランデブー」
 詳細はこちら
 第2回 日時:2018/12/15予定
 第3回 日時:2018/12/22予定
 第4回 日時:2018/12/29予定

 ※視聴の際はradiko↓↓をダウンロードしてください。
 こちら
 ★第一回の収録の様子
null
Category: release
Posted by: littlecarol
Category: information
Posted by: littlecarol
リトルキャロル出演のお知らせ♪

 12/23 (日)
 ★ユニセフ「ハンド イン ハンド」 
詳細はこち ら
【出演時間】12:05〜12:20
 @JR有楽町改札前広場

 ★Nagano design week
 ⇒詳細はこちら
 【出演時間】18:30〜19:30
 @長野県 善光寺大本願

 12/24 (月)
 ★六本木ヒルズ クリスマスコンサート2018
 ⇒ 詳細はこちら
 【出演時間】14:30〜15:00 @六本木ヒルズアリーナ ※入場無料
 
 23日のユニセフ、24日六本木ヒルズコンサートは屋外のため暖かくしてお越しください。
 
 リトルキャロル

Category: blog
Posted by: littlecarol
皆さまこんにちは。
12月に入ったというのに、異例の暖かさが続いていましたが、カレンダーは最後の1枚になり、今年も残すところ1ヶ月を切ってしまいましたね。
街にはツリーの飾りやイルミネーションがキラキラ輝き、クリスマスソングもあちこちで聴かれるようになってきました。

そう、つまり、すなわち、
リトルキャロルの季節の到来です!!

昨日発売になりました、リトルキャロル3枚目のアルバム、『リトルキャロル クリスマスコレクションIIリトルキャロルのくるみ割り人形』は、皆さま、お手にとって頂けましたでしょうか。
是非、多くの方に聴いて頂けたら幸いです!!

師走という名の通り、毎日バタバタと走り回っている私ですが、先週、ふと立ち止まって紅葉を見る機会がありました。近くの都内では広めの公園で、ですが。
赤や黄色やオレンジに色づいた木々を見上げると、絶妙なグラデーションがなんとも美しく、日頃の疲れが癒される気がしました。
でも、落ち葉を拾い上げてみると、その1枚1枚の葉は、あまり綺麗とは言えない色をしていたり、穴が開いていたり…
完璧に美しいものはなかなか見つかりませんでした。
合唱も、一人ひとりが全く違った個性を持っているけれど、それが合わさると、一人では実現できない美しい絶妙なハーモニーを創り出すことができるので、紅葉と似たようなものかもしれないと思いました。

一人ひとり、年齢も職業も性格も違うにも関わらず、今こうして一緒に歌えていることには、縁を感じざるを得ません。
歌を通して出会えたこと、本当に嬉しく思います。

私が、ふと立ち止まって見た紅葉の美しさに心が癒されたように、皆さまが私たちリトルキャロルの歌声やステージングをご覧頂き、少しでも癒されたり心揺さぶられたりする体験をして頂けたら幸いです。
皆さまにお楽しみ頂けるステージになるよう、本番まであと数週間、練習に励んで参りたいと思います。

Y.T
[18/11/25]

今を大切に!

Category: blog
Posted by: littlecarol
今年も街中のイルミネーションが心を温めてくれる季節になりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
私ごとですが、先週をもちまして何ヶ月も前から待ちに待っていた10日間の長期休暇が終わってしまいました。(悲しい…)

パートナー長いことなし、社会人2年目の私は、去年に続いて長期休暇に祖父母、母と国内旅行に行ってきました。
ただ、去年とは違った特別な思いがこの旅行にはありました。

今年の7月、猛暑に耐えきれず熱中症になった祖母が入院。
ちょうどその時期に祖父母と宮古島に行く予定で連休を取っていましたが、旅行をキャンセルし、祖母の看病をすることに。

初めて病院に行った時、祖母の変わり様にショックを受けたのを覚えています。
毎日プールに泳ぎに行き、信号が点滅している横断歩道も私を置いて小走りで渡りに行くような80間近のパワフルおばあちゃんですが、ベッドの上にいたのは苦しそうに目をずっと閉じて、一回り体の小さくなった祖母でした。

まともに会話も出来ず、たまに口を開いたかと思えばらそこにいるのが私ではなく関西に住んでいる叔母だと思い、話しかけてくる始末。
一人で立つことも困難で、私が持ち上げてベッド脇の簡易トイレで用を済ませたりしました。

俯き目を瞑りながら、自分の入れ歯を弱々しく洗うその姿にひどく老いを感じ、もう元気なおばあちゃんは見れないのかととても気が沈みました。
家で祖母の帰りを待つ祖父に電話した時には、胸一杯になった感情が溢れ出て、ポロポロと涙が出てきたのを覚えています。

入院して2週間経ち、このまま病院にいてはますます体が弱るということで、無理矢理退院した祖母は、何とかほぼ元の姿になり、今回の国内旅行も企画されました。

皆で普通に過ごすことが何て幸せなのだろうと実感した旅行でした。

今までは、せっかちに動き回る祖母に「みっともないからやめて」と言ったり、何でもかんでもカメラを向けて進まない祖父には「早く行くよ!」と眉間にしわを寄せながら言う冷酷な孫でしたが、今回の旅行は不思議と二人が何をしてもイライラのない心穏やかな旅行でした。

自分を含め、いつ誰に何が起こるか分からない中で、今に感謝しながらその時を大切に生きていくことが大事だということを祖母の熱中症事件で学んだ気がします。

さて、話は長くなりましたが、今年の六本木ヒルズでの本番を祖父母も楽しみにしてくれています。
他のメンバーの大切な方々も同じく1ヶ月後の本番を楽しみにされていることかと思います。

ステージを通して、観客の皆様に日頃の感謝の気持ちが届きますように。
そして、寒い中足を止めて見てくださる全ての方に少しでも温かな演奏で恩返し出来ますように!


A.M
 
Copyright (c) Littlecarol. All Rights Reserved.