LITTLE CAROL

HOME


Category: blog
Posted by: littlecarol
銀杏の葉っぱがほんのりと黄色に染まる季節になってきましたね♪

秋と言えば芸術の秋。
前回のブログで掲載されてましたが、先日アークヒルズ音楽祭2018での演奏を終えました。
演奏の機会を頂けたことはキャロルのメンバーやお子様たちを見守るご家族にとっても新たな発見で溢れた有意義な時間でした。

ここから少し個人的な経験をお話しします...
平成の秋というのは今年最後の時代となりますが、
平成と同い年である世代の私は、平成が終わるということ、新たな節目の年が新しい元号となることに、感慨深いものがあります。
20代から女性は仕事や恋愛、結婚、子育て等、初めての事や女性にとってたくさんの選択が必要になってくると思います。
そこで以前、ふと感じたこと、歌の恩師がおっしゃられたことをお話しします。

「歌」というのは人間の体が楽器となります。一時期にどんなにトレーニングしてもコンスタントに継続して練習してなければすぐに歌えなくなってしまい、体が元気でなければコントロールしずらい繊細な生の楽器と言えます。
そして、時間をかけて体の土台が作られたところで大切なものは言葉と感情です。
日々の中で喜び、悲しみ、怒りの感情になることはなることは何かしらのエネルギーがあります。一方であらゆる取り巻く環境に体と心が限界になった時 、皆さんは無に近い感情になったことはありませんでしょうか。

以前歌の恩師がこのようなことをおっしゃってました。
「ドイツの歌い手は歌に気持ちがないことを死んだ音と呼ぶのよ」

またこのような体験もお話し下さいました。
ある日、
恩師ご自身があらゆる演奏の多忙さの中帰宅した時、恩師のお母様が
「今日の月はとても美しかったわね」
それに対して
「疲れすぎて見る余裕もなかった」
するとお母様が
「あなたは演奏家なのに、あんなに綺麗な月に気づく余裕もなくていいの?」
その言葉に演奏家として恥ずかしくなったと。
歌には心が不可欠で、心が宿るから楽しいのだと
感じ、ふとした時にこの会話を思い出します。

リトルメンバーも各々の環境で本当に一生懸命ですが、歌うときは気持ちが一つになる、それが合唱であると思います。
今回は私自身の節目を通して感じたこと、演奏するために「心から歌う」を改めて振り返りたく題させていただきました。

さて、次に向かうは12月♪♪ アークヒルズの中でも2曲演奏いたしましたが、12月のプログラムを仕上げるために厳しい練習にエンジンが加速していく時期となりました!
「心から歌う」に加えて「一生懸命は罪」を忘れずに励んでまいります♪

Mez1 Chiko
Category: blog
Posted by: littlecarol
最近急に寒くなったり、と思ったら30℃を超える夏日になったりと気温差がある日々ですが、
皆さま体調崩したりなどしていませんか?
私は、薄着で寝たり呑んだくれていたら、
鼻がズルズルしてしまいました(風邪とは認めていませんが笑)

さて、そんなことはさておき、

10/7(日)、アークヒルズで開催中の音楽祭に出演させて頂きました。

今回は、”ARKキッズChor with 麻衣”というステージで、
麻衣さんプロデュースの特別児童合唱団と一緒に、
リトルキャロルも歌わせて頂きました。

子供達の練習に、リトルキャロルもお手伝いで参加していたのですが、
子供の吸収力はもの凄いですね!
初回練習で初めて聞いた曲を、お家で練習してきて下さいね〜!
と宿題をだしたら、
次の練習では元気に覚えて歌っていて、びっくり!!

アンコールでは、となりのトトロを歌ったのですが、
振り付けまでしっかりみんなこなしていました!

振り付けは、妖怪ウォッチでもお馴染みの、
ラッキィ池田先生にして頂きまして、
トトロが出てきたり、まっくろくろすけが出てきたりと、
とーっても可愛い振り付けで、子供達も楽しそうに踊っていました。

今回のステージで、親子くらい歳は違うけれど、
曲を通して、一体になり歌ったことや、
子供達の可能性には刺激を受けましたし、
とてもよい経験になりました。

これから冬の本番に向け、
リトルキャロルも頑張って行きますよ〜!!

M.N

20181009-beaea51f-5999-4dc1-9d22-9ca80d077cdc.jpeg
Category: blog
Posted by: littlecarol
こんばんは。
みなさん台風の影響は大丈夫ですか?
都内は電車が運休など、今までにない対応だったので、それだけ勢力が凄いのだなぁ…と心配しています。
今年は天災が多いですが、これ以上の被害が出ないことを願います。



台風が接近中の中、先日お伝えしましたアークヒルズ音楽祭の練習が行われました。
私事ですが、わたしの子どもも今回一緒に参加させていただくことになっておりまして。
我が家の最近のお風呂タイムは、ほぼ歌の練習時間になっています。笑
初めて歌う曲ばかりなので、覚えられるか不安だったのですが、子どもの覚える力は凄いですね。
あっという間に一緒に歌えるようになってしまい、むしろ私の方が歌詞がなかなか覚えられず教えてもらっている程に。
…あれ?おかしいなぁ。。笑
我が家だけではなく、他の子ども達も家でいっぱい練習してきてくれているのだろうな、というのがとてもよく分かり、嬉しく思います。
一緒に歌っていると、一生懸命な姿や、楽しそうな顔が見えて、思わず泣きそうになってしまう、涙腺弱め母兼だめリトルメンバーです。笑
本番は…頑張って耐えます。。
子ども達も大人達も、聴いていただいた方々に「楽しかった!」「素敵だった!」と思っていただけるよう心を込めて歌いますので、みなさん楽しみにしていて下さいね!



そしてその後、台風で電車が止まるかも〜なんて言いながら、先日のレコーディングお疲れ様でしたの会を行いました。
…というのはフェイクで。笑
メンバーの結婚おめでとう会をサプライズで行いました。


null


本人はすっかり騙されてくれたので、企画側としては嬉しい限りでした。笑
家庭の事情や、台風の影響で残念ながら参加できなかったメンバーも、みんな気持ちはこの場所にいましたよ。
常にいつもリトルキャロルの事を考えて、あちこち細やかなフォローを入れてくれるしっかり者なので、家庭では旦那様に沢山甘えて、素敵な家庭を築いていって欲しいです。
のろけ話はいつでも受け付けますよ。笑
はぁ〜沢山幸せを分けてもらったので、明日からも頑張ります!


null


おめでとう♡


T.N

Category: blog
Posted by: littlecarol
こんばんは!
急に気温ががくっと下がり、雨の影響か蒸し暑くも寒くも感じる日々ですね。

「できる人が、出来ることを!」と前回ブログをYukiちゃんが書いてくれていましたが、そのYukiちゃんこそ事務処理能力が本当にすごくて、いつもスピーディーな連絡、PCを器用に使いこなし、音源やら動画やらを、欠席したメンバーでもわかりやすいようにフォローまでしてくれて、私はいつもいつも凄いなーと感謝してます💓
きっと同じ気持ちのメンバーも多いはず!
身内ネタですが、この場をかりて、感謝の気持ちをお伝えしてしまいます(笑)

☺️ ☺️ ☺️ ☺️ ☺️

さて、突然ですが、皆さんは文字のない絵のみの絵本というのを読んだことありますか?

絵本すら最近は…という方も
いらっしゃるかと思いますが、私も子供が生まれてからのほうが、絵本に触れる機会が多くなりました。

今日お話する絵本は、「はらぺこあおむし」の作者でよく知られるエリック・カールさんの『うたがみえる きこえるよ』です。

null null

出産前に何となくあったらいいかな〜なんて軽い気持ちで手にとり、封がしてあり中身が見れなかったため題名だけで購入してしまったという本なのですが(笑)、
封をあけてびっくり、読み聞かせ用にと思ったのに文字がない!

それなのに現在1歳になる息子が毎日読んでくれと持ってくる本になり、自分で買っておきながら母は最初、若干困惑…笑

黒一色だった人が演奏をして帰る頃には、色とりどりの色で満たされている…

絵を見ながら、その時感じた音を適当に(いや素直に!笑)歌って、音楽がある生活、色とりどりの絵がある生活って人を豊かにしてくれるねと語りかけています(これが意外と反応がいいので、調子に乗っています笑)

実際にはモーツァルトのセレナード第4番・ニ長調の中のメヌエット・ヘ長調の部分を想定して描かれたようなのですが、「子供の解釈はすばらしい、それを妨げないように、やさしく導いてやってください」とカールさんからのメッセージを大切に、もう少し秘密にして、言葉が話せるようになったら感想を聞いてみたいと思います(笑)

歌うことって楽しい♪
人生を豊かにしてくれる♪
これは私がリトルキャロルに出会って感じたことでもあります。

絵から音を想像できるように、音楽から絵、イメージが広がっていくような歌を歌いたい。
私達が先日レコーディングしたCDもそんな思いが沢山つまったものなので、ぜひ聴いていただきたいです。

☺️ ☺️ ☺️ ☺️ ☺️

最後に今後の活動の宣伝をさせてください。

リトルキャロルは
アークヒルズ音楽祭にて10/7(日)11:30〜12:00、アーク・カラヤン広場で行われるミュージック・マルシェ(ミニコンサート)に出演予定です。

私達が出演するのは7日のみですが、アークヒルズ音楽祭は10/5〜13日、六本木のアークエリアを中心に約1週間にわたり、様々な音楽イベントが開催されます。
詳細は以下↓
www.arkhills.com

ミニコンサートは無料となっておりますので、是非お誘い合わせの上、いらしてください♪

S.K
Category: blog
Posted by: littlecarol
9月も後半に入り、風がほんのり冷たく秋めいてまいりました。

前回A.Kちゃんがお伝えいたしました通り、リトルキャロルは粛々と
活動をしております。
が、いかんせん「発信スキル」がまだまだ未熟なゆえ、皆さまにもっと
リトルキャロルを知って頂きたい、もっとリトルキャロルの歌を聴いて
頂きたい、と願うわりには「広報活動がヘタクソ!」と身近な方から
叱られてしまう始末です。。。
これから頑張って広報にも力をいれて参りたいと思います!


レコーディングを終えた現在は、11月のリリースに向けて編集作業を
進めている傍ら、次なるイベントの練習をしております。
出演情報は別途HPにて順次お知らせをして参りますので、そちらも
是非ご確認頂ければ幸いです♪


さてさて、突然ですが、今日は皆さまに「チーム」に関しての持論を
展開させて頂ければと思い、タイトルも「できる人が、できる事を」
致しました。

練習はいつもそれはそれは厳しいもので、、、というのはウソですが(笑)、
リーダーが分析に分析を重ね、私たちの癖や改善方法などを的確に示して
導いてくれる、そんな濃ゆい練習を毎週行っているのですが、リーダーが
不在の時もそりゃあるものです。
そんな時は、限られた時間で効率のよい練習を私たちだけでもできるよう、
綿密に組まれたタイムスケジュール、指示を頂きます。
(たいてい練習前日の深夜、、)

それをインプットしてアウトプットしようとすると、こうなります。(深夜作業)

null

そして迎えたリーダー不在の練習スタート。(朝10:00)
リーダーからの練習計画、分析、秘められたコメントを的確にキャッチ&無駄なく
展開するのは、パワフル良妻賢母(3児の母!)である我らが頼れる先輩です。
真夜中に繰り広げられたこの付箋術と、当日の締まった練習進行は私には真似
できません。


リトルキャロルは兎にも角にもプロの団体ではため、それでなくともパタパタする
日常の中、「歌がすき~」って理由で活動をさせて頂いています。
(ちょっと軽く書きすぎましたが、、、)
リトルキャロルを運営するためにはメンバーで力を合わせて、事務系から連絡係
だったり譜面係だったり振付実行委員等を分担していくことが必要不可欠です。
そんな中、得意分野やタイプがそれぞれあるんだなぁと気づかされます。

あるメンバーは、練習中に譜面と実際に歌いたいリズムが違った場合など、
そのリズムを音符で表して譜面を修正できたり、あるメンバーは振付で複雑な
体系移動をする際、一同が大混乱している中で空間的センスを発揮して導いて
くれたり、打ち上げやるよ!って時にはお店手配が上手なメンバーもいたり(楽)

自分ができる事で何かに貢献できるということは、リトルキャロルに限らず
家庭でも仕事でもやはり嬉しい気持ちになります。一方で、貢献したくても
自分が置かれた状況が今はそれを許さない場面ももちろん発生するものなので、
その中でも自分にできることを探したり、仲間に一旦任せる、それができるのが
チームだと思うのです!!

「できる人が、できる事を」して上手く回っていることを実感した時、
私はすごく嬉しくなります。

ぇ? 私は何ができているのか? についてですか?
そうですねぇ、少なくとも「ひたすら楽しむ」ことならできていますよ!!
(自慢にならないw)


null

Yuki
Category: blog
Posted by: littlecarol
紫式部という植物をご存知ですか⁇
秋に小さな紫色の実をつける低木で、茶花としても利用されます。
子供が3歳の秋、「ババにプレゼントする‼」と摘むようになって私は初めて知った植物でしたが、気付けば今年も紫式部が家の前で綺麗に色付いていました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

平成最後の夏は猛暑に見舞われ、一時はどうなることかと思いました。
でも台風が暑さを連れ去ってくれたのか、東京は最近は少しずつ過ごしやすい季節になりました。
一方で今年も大雨、台風、地震と数多くの天災が各地で甚大な被害を出しています。
そんなニュースを見る度に心が痛みます。
明日は我が身、今自分にできることは何だろう、と考えさせられる日々です。

さて、リトルキャロルは今年は紀尾井ホールでのクリスマスコンサートを予定していませんが、いろんなイベントが目白押しで夏の間ももちろん毎週練習していました。
その皮切りのイベントが先日2日間に渡って行われた相模湖合宿‼
null
いや〜いいお天気で、みんなでお弁当食べて、スワンに心を奪われ、ナイトウォークして......
楽しそうでしょ⁇
「ママさんが多い」とか、「両立頑張ってます」とかいつも言ってるくせに余裕あるな〜って感じました⁇
実は相模湖畔のホールでレコーディングをさせていただきました。
楽しかったのも事実、疲れて代休がほしいのも事実...(笑)
まるまる2日間缶詰で25曲収録させていただきました。
相変わらずお年頃のメンバーは新婚さんあり‼妊婦さんあり、ママさんあり、子供の誕生日とのバッティングあり、友達の結婚式とのバッティングあり......
リトルキャロルのために無理矢理スケジューリングして、それでも歌う喜び、楽しさを求めて頑張らせていただいています。
そしてこうしてレコーディングを迎え、無事終えられたのは私たちを支えてくれる家族、友達、スタッフの皆さん、そしてブログを読んだりCDを楽しみにしてくれている皆様の支えがあってこそと思っています。

私たちの生きがいであるリトルキャロル。
その歌声に感謝の気持ちを乗せて、今年も歌わせていただきます。
CDの発売は少し先ですが、またお知らせしますのでお楽しみに〜‼

大変遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願い致します。

A. K
Category: blog
Posted by: littlecarol
リトルキャロルは毎年、12月23日にユニセフと六本木ヒルズ

のイベントに参加させてもらっています。
 
 紀尾井ホールでのコンサートとはまた違い、クリスマスムードの

街の中で歌うのはとても楽しいです。1年間の予定で、コンサート

や練習日程は不確定ですが、この日だけは決定事項としてすぐに手

帳に書いてしまうくらいです!

 なので、12月23日にクリスマスソングをリトルキャロルの一

員として歌うことを定番に感じています。
 
 最近のニュースで「天皇陛下が退位された後は、12月23日は

祝日ではなく平日にすることを検討している。」とありました。2

3日が祝日でなくなると寂しい気もしました。

 しかし、また新しい「歌う日」ができるだけで、リトルキャロル

が歌い続けることには変わりありません。

 明日のイベント、リトルキャロルは楽しんで歌います、皆さまも

暖かくして是非いらして下さいね!

 S・Y
Category: blog
Posted by: littlecarol
12月に入ったと思ったら、
もう、あっという間に今年残り10日ほどとなりました。

リトルキャロルクリスマスコンサートにお越し下さった皆様
どうもありがとうございました。
楽しくお過ごし頂けましたでしょうか。

また、今週末23日の六本木ヒルズホーリーナイトコンサート、
有楽町ユニセフイベントに足を運んでくださる予定の皆様
お会いできるのを楽しみにしております。

さて。
皆さんは「体が覚えていること」ってありますか。
お風呂に入っていつも洗う順番が決まっているとか?
パソコンのブラインドタッチとかもそうでしょうか。
匂いから料理のメニューが分かるとか?
足音で家族の誰だか分かるとか(笑)
自然にわかっちゃうこと、感じちゃうこと
体で理解して動いちゃうこと・・・とでも言いますか。

小さいころから続けてきたことも、「体が覚えていること」の一つですよね。
みんなで歌う嬉しさ 楽しさ
ハーモニーの心地よさ

それから、リトルキャロルは指揮者がいないので
みんなで息を合わせる空気感
(これ、ちゃんと感じないと怒られちゃいますからね(笑))

リトルキャロルを21年続ける中で
みんなと歌うことが自分にとって「体が覚えていること」レベルで
自分の一部であることを改めて認識した私でした。

みんなと歌うって、楽しいです。

みなさまにとって、よいクリスマスが訪れますように☆

by秘書
Category: blog
Posted by: littlecarol
こんばんは!
先日の練習帰りに、六本木ヒルズのイルミネーションが始まっていました。
ついにこの季節が来たな…と1人信号待ちの間にスマホを構えてしまいました。笑
もう全体での練習も片手で収まるようになってきています。
覚えが悪いので、毎度毎度メンバーの力を借りつつ日々頭に叩き込んでおります。
毎朝の日課で、子どものお弁当を作りながらマイケルジャクソンを聴いているのですが、なかなか頭に入らず…(お弁当作りに必死という説もあり。笑)マイケルと一緒にスラスラと口ずさめる位になりたいものです。

さて、コンサートが近くなるにつれて、練習だけでなく、色々な事で慌ただしくなってきています。
例えば最近では、パンフレット作成のために日々夜な夜なメンバーと連絡を取り合って進めています。
わたしは去年も少し携わったのですが、夜中怒涛のライン数に驚き!
うっかり子どもを寝かしつけると共に寝落ちをしてしまうと、朝起きて未読100件越え…など普通にありました。
無事にパンフレットが出来上がった時には、「まるで出産みたいだったね…無事に産まれたね…壮絶だったね…」などと、みんなで話をしたのを覚えています。笑
多才なメンバーが多いリトルキャロル、実はパンフレットとチラシはプロのメンバーが主になって進めています。
わたしたちの思いがいっっっっぱい詰まったパンフレットを、皆様の手元にお届け出来るよう、今宵もまた頑張ります。
今日はうっかり寝落ちしないぞ!笑

T.N
Category: blog
Posted by: littlecarol
今日は保育園の運動会でした。
小雨に振られましたがなんとか外で出来て嬉しかったのはママだけじゃないはず。

保育園の運動会は1歳に満たないお友達から、来年小学校に入学しようというお兄さんお姉さんまでバラエティに富んだ園児が次々演技を行います。
親子競技以外の種目ができるようになり、年々種目が増え、年中・年長クラスは演技の披露がメインに...
私の子供達は3、4歳ですが、0歳児を見ていると「ついこのあいだまでうちの子もあんなだったのに」と思う一方で、年長クラスを見ると「うちの子もあんな風に足が速くなってほしい」とか憧れを抱いたりします。
やる側の時と見る側では運動会の楽しみ方が大分変わりましたね。
いずれにせよ運動会は楽しかったです‼
(ちなみに保護者参加競技のパン食い競争ではバッチリ1位でゴールテープを切らせていただきました。)

子供達のことを見ていると、自分も負けず嫌いで運動会で披露する逆上がりや竹馬を毎日夕方遅くまで練習していたことを思い出します。
最近、その気質はどこへ行ってしまったやらですが、小学生のとき入った合唱団の養成時代の練習は呼吸と発声練習がメイン。
息の吸い方と発声練習だけで1時間以上、休憩していざ歌が歌えると思っても最早1時間未満。
物足りない思いもありましたが、その頃は家でも呼吸法をひたすら練習して、母に教授しようとしていました。
そのくらいハマっている合唱。

今は仕事と育児と家事(?は大分夫に押し付けてますが)と合唱を両立する立場。
正直全てが中途半端で嫌になることもしばしば。
精神的にも肉体的にも追い詰められてるなと感じることは月の半分以上。
先日も「もう無理かも」と思ったんですが、結局私を救ってくれてのは歌うことでした。
やはり小学生の頃から一生懸命頑張ってきた合唱、呼吸法は私を私らしくするために必要な、ある意味空気のような存在だと再認識しました。

そんな歌う時間を作ってくれて、日常的に支えてくれる家族に、良妻賢母とは程遠い妻・母を許してくれる夫や息子たちに感謝感謝の毎日です。

今年も本番まであと5週。
私みたいに煮詰まっている方にも、是非家から出てコンサートを聴いて気分転換していただきたいなーと思います。

チケット販売も始まってますのでお気軽にメール下さ〜い‼

A.K
 
Copyright (c) Littlecarol. All Rights Reserved.