皆さん、こんにちは。
最近、少し肌寒いなぁと思いますが、秋風にゆられて金木犀の心地よい香りを感じる季節となりました。
ちなみに金木犀の花言葉がありまして、「謙虚・謙遜・真実・真実の愛・初恋」なのだそうです。
小さなお花ですが、優しい香りと可憐さを持ち合わせた金木犀にぴったりの花言葉で、私の大好きなお花の一つです。

さて、28歳の一年。今年に入ってから新しい環境・人との出会い・友達の大切さ・選択を迫るべき一年となり、私にとって大切な一年だなと振り返ることができます。その中でも。。
・初めての甥っ子
大好きな姉の第一子が誕生しました。この世に生まれて初めて産声をあげる瞬間は忘れられません。
肌がふっくらし始めて、目が見えるようになって、笑うようになって、手を握るようになってと一つ一つの成長に目が離せないほど愛しいものなのだと感じました。
また、姉とお世話になった共通の知人がこのように言ってました「子供が無事に元気に生まれ、育つことは、たくさんの積み重ねの奇跡」なのだと。女性として真摯に心に留めておこうと思った言葉です。
・ほんの少しの勇気
私はこの夏本当に実感しました!一歩を踏み出すまではとてつもなく不安で真っ暗で足がすくむ気持ちですが、いざ飛び込んで終わってしまうと、あとは結果オーライの時もあるんだなと。もちろんそこからがスタートでいろんな現実が見えることもありますが、ほんの少しの勇気って分かってはいるつもりでしたが、本当にありました!
・くちびるに歌を持て
いつかの年にも書かせていただきましたが。学校や仕事場など色んな環境でうまく行かない時、楽しい時、つらい時さまざまありますが、くちびるに歌を持って、心に太陽を持って、笑顔でいたらきっと何かいいことが起こる気がします。
それぞれ人によってバランスが違うかもしれませんが、私にとって「くちびるに歌を持て」と感じる時は純粋に歌が好きなキャロルのみんなと歌っている時なのだと思います。キャロルの歌が聞いて下さる方の心に届いて、「くちびるに歌を持とう」と思うきっかけになれるように歌をお届けします。

最近何かでみかけた「記録より記憶に残そう」というフレーズを聞いてから、綺麗なものを手軽にスマートフォンで残してしまう気持ちがある一方で、星空や夜景などモノではない風景を見たときに”記憶“に残したいと思いました。
今日載せたことも、ある種、記録になってしまうかもしれませんが、今この瞬間を肌で感じるということを大切に目の前のことを追っていきたいなと思います。
皆さんもキャロルの今この瞬間のハーモニーとともに今この瞬間を大切に過ごされてみてください。

メゾ1 C.K