先日、初めて歌舞伎を見に行きました

開場時間に歌舞伎座の前に行くと、千秋楽ということもあってか、すでに多くの人だかりが・・・お着物を着ている方もいて、とても華やかな雰囲気!!

イヤホンガイドを借りて、早速歌舞伎座の中へ。お土産をひととおり見たあと、3階の座席にたどりつきました。

4時半になり、「夜の部」の始まりです。
その日の演目は・・・
「彦山権現誓助剱−毛谷村」
「廓文章−吉田屋」
「曽根崎心中」

「曽根崎心中」以外は何の想像もできなかった私ですが、イヤホンガイドと友人に借りた解説書があったので、お話も結構理解できました!!
女形の所作の美しさやお着物の華やかさには見とれてしまいました。

演目中、後ろから急に掛け声をかける人がいてびっくりしたのですが、彼らは歌舞伎の舞台には欠かせない盛り上げ役なんですね!!ここというタイミングで威勢の良い声が響くと、粋だなあと思いました。

そしてもう一つびっくりしたのが、歌舞伎って、休憩時間に、みんな席でお弁当を食べるんです。
演目間に、30分の休憩があるのですが、その休憩が始まるとみんな驚くほどのスピードでそれぞれに持ってきたお弁当を取り出し、食べ始めました☆
この今までに感じたことのない適度なリラックス感に、歌舞伎は昔から大衆の楽しみの場だったのかなあと思いを馳せたりしました(笑)

ちなみに、歌舞伎座では紅白のおもちが入った「めでたい焼き」を販売しています。売り切れ必至とのことですので、歌舞伎座に行かれるかたはぜひ、1回目の休憩で入手してください☆

すべての演目が終了したのは夜9時過ぎ!!とっても楽しい1日でした。


私はリトルキャロルで色々なコンサートに出演させてもらってきましたが、逆に舞台を見るという経験はあまりありませんでした。これからも色々なものを見て、勉強していきたいと思います☆☆

GON