今年のカレンダーが残り二枚となりました。
11月。
少しずつ寒くなってきましたね。


今年の夏はオリンピック・パラリンピックがありましたが、
時差の関係もあったのでしょうか、
競技を生中継で見て、接戦を目にし、
感動する機会が多くあったように感じました。


選手の素晴らしい戦いぶり。
あきらめない粘り強さ。
計り知れないプレッシャー。


「当たり前のことを当たり前にする難しさ」
「地獄のような練習が、報われた」


メダリストの言葉です。
毎日、毎日、ずっと競技のことだけを考えてきたんだろうな。。。
ものすごい練習量だったんだろうな。。。


メダルにかかわらず、精一杯の姿に心からの拍手を送りたい、
そんなことを思わずにはいられない、
迫力あるオリンピック・パラリンピックでした。




子どもの頃、ピアノを習っていて、よく言われたっけな。
「練習すれば、練習しただけうまくなる!」


でも、なかなかそうはいかなくなりますよね。
練習してもうまくいかないもん。とか。
果てしないレベルの高さを知ったり、とか。


中学、高校になり、部活とかで、どんなに頑張っても本番負けちゃったり。
人間には能力ってもんがあるんだ、と知ったり。


練習、練習、練習、、、
「今日は部活か〜」なんて。

時間と場所が決まっているからやっていたこと?
なかなか自分から張り切ってするものではなくなっていたように思います。


さて。
最近のリトルキャロルは、練習の緊張感が高まってまいりました。
メンバーみんなのおでこに
「12月のコンサートまであと〇日」という文字が
浮かび上がってきそうなくらいです(笑)




リトルキャロルを通してわたくし、学びました。


練習は、決まった場所と時間だけにするものではない。ということ。
自分の中の不安をなくすために、自分が整えるもの。


練習は、体にしみこませるためのもの。
いつでも、パフォーマンスできる状態を作るためのもの。


皆様の前で歌わせて頂くという、
最高の時間を知ってしまったから、
厳しい練習も、頑張れる私たちです。




さあ、冬がやってきます。


そう、リトルキャロルも、やってきます!


by 秘書