先日、旅行先で笑顔のステキなオジサンに出会いました。
空気もきれいで、野菜もお肉も美味しいその場所で、
オジサンとオバサンは、娘さん、お孫さんに囲まれながら小さなゲストハウスを経営しています。

宿の中はオジサン画伯の油絵アトリエが広がっていました。
なんと3回も転職を重ね、脱サラして、15年前に移住、現在の天職へ!
趣味で油絵を描きながら毎年個展を開催し、数年前の大会で受賞した際の賞金は、奥サマとの感謝旅行に1銭残らず使い果たしたみたいです。
なんでも、幼い頃から絵を描くのが好きで、ずっと描くことは続けていたとのこと。
ゲラゲラと笑いながらお客さんとの会話を盛大に楽しみ、うるさいくらいに明るいオジサンと、
台所で微笑みながら料理を作り、時々静かにオジサンに話しかけるオバサンと、
旅行中のどんな思い出よりも、お二人の並んだ姿が印象的でした。

私のひたすら続けてきたことと言えば、やはり合唱ですが、
今後どこまで続けるか、続けることでお世話になった方々へ恩返ししきれるのか、まだよくわかりません…
でも描けば描くほど描きたくなる風景が増えていくと言っていたオジサンの気持ちは、
とてもとても共感できました。
音楽もやればやるほど“次回はもっとステキなことができそう!”とさらなるステップを目指したくなるからです。

継続は力なり!続けたいと思う心を大事にしようと改めて思った夏休みでした☆

Y.K