先週は夏に戻ったかのように暑い日が続いたかと思えば、今度は急に寒くなって冷たい雨が降り続いておりますが、皆様、体調など崩されてはいないでしょうか。

私たちリトルキャロルは、今日も元気に練習に励んで参りました。

12/3のコンサートまで、残すところあと1ヶ月半を切り、一回一回の練習が、とても貴重になってきました。

今年は、マイケルジャクソンの曲を振り付きでお届けします。マイケルジャクソンは、2010年の時にも歌ったので再演になりますが、今回新たに加わった曲も数曲あります。
歌い方も英語の発音も、振付も、全てパワーアップしています(お楽しみに‼)

2010年の時とは、メンバーも多少異なり、当時26歳だった私はソプラノで歌っていたので、パートも変わりました。
そして、自分を取り巻く環境も大きく変化しました。

当時は、7年後の自分なんて全く想像がつきませんでしたが、形はどうあれ、まだみんなと歌ってるのかなぁとは、漠然と思っていた気はします。
今まで、歌が好きで、ずっと歌ってきたから。ただそれだけの理由です。

先日、ある研修で、ポジティブ心理学というものを学ぶ機会がありました。
ポジティブ心理学とは、人や社会を繁栄させるような強みや長所を研究する、近年注目されている心理学の一分野で、一般的には精神疾患の治療に用いられる心理学を、「健康な人ももっと幸せになろうよ!」という意味で用いる分野を言うそうです。
ポジティブ心理学では、努力→達成→幸せ、になるのではなく、幸せと感じるから、努力でき、達成できる、という考え方が前提となっているそうです。

私はこの話を聞いて、私にとって、リトルキャロルが、まさにそうだな、と思いました。
みんなと歌うことが幸せだからこそ、練習も苦ではないし、もっと上達したいと思えるから自然と努力できるのだと思います。

今も尚、大好きな仲間と、歌を歌い続けていられる環境があること、しかもその歌を聴いてくださる皆様がいること…
改めて、私は本当に恵まれているなぁ、と感じます。

12/3のコンサートでは、聴きに来てくださる皆様に歌をお届けできること、皆様と一緒の空間で、音楽の素晴らしさを感じられることを、楽しみにしております。


Y.T