今日は保育園の運動会でした。
小雨に振られましたがなんとか外で出来て嬉しかったのはママだけじゃないはず。

保育園の運動会は1歳に満たないお友達から、来年小学校に入学しようというお兄さんお姉さんまでバラエティに富んだ園児が次々演技を行います。
親子競技以外の種目ができるようになり、年々種目が増え、年中・年長クラスは演技の披露がメインに...
私の子供達は3、4歳ですが、0歳児を見ていると「ついこのあいだまでうちの子もあんなだったのに」と思う一方で、年長クラスを見ると「うちの子もあんな風に足が速くなってほしい」とか憧れを抱いたりします。
やる側の時と見る側では運動会の楽しみ方が大分変わりましたね。
いずれにせよ運動会は楽しかったです‼
(ちなみに保護者参加競技のパン食い競争ではバッチリ1位でゴールテープを切らせていただきました。)

子供達のことを見ていると、自分も負けず嫌いで運動会で披露する逆上がりや竹馬を毎日夕方遅くまで練習していたことを思い出します。
最近、その気質はどこへ行ってしまったやらですが、小学生のとき入った合唱団の養成時代の練習は呼吸と発声練習がメイン。
息の吸い方と発声練習だけで1時間以上、休憩していざ歌が歌えると思っても最早1時間未満。
物足りない思いもありましたが、その頃は家でも呼吸法をひたすら練習して、母に教授しようとしていました。
そのくらいハマっている合唱。

今は仕事と育児と家事(?は大分夫に押し付けてますが)と合唱を両立する立場。
正直全てが中途半端で嫌になることもしばしば。
精神的にも肉体的にも追い詰められてるなと感じることは月の半分以上。
先日も「もう無理かも」と思ったんですが、結局私を救ってくれてのは歌うことでした。
やはり小学生の頃から一生懸命頑張ってきた合唱、呼吸法は私を私らしくするために必要な、ある意味空気のような存在だと再認識しました。

そんな歌う時間を作ってくれて、日常的に支えてくれる家族に、良妻賢母とは程遠い妻・母を許してくれる夫や息子たちに感謝感謝の毎日です。

今年も本番まであと5週。
私みたいに煮詰まっている方にも、是非家から出てコンサートを聴いて気分転換していただきたいなーと思います。

チケット販売も始まってますのでお気軽にメール下さ〜い‼

A.K