皆さまこんにちは。
12月に入ったというのに、異例の暖かさが続いていましたが、カレンダーは最後の1枚になり、今年も残すところ1ヶ月を切ってしまいましたね。
街にはツリーの飾りやイルミネーションがキラキラ輝き、クリスマスソングもあちこちで聴かれるようになってきました。

そう、つまり、すなわち、
リトルキャロルの季節の到来です!!

昨日発売になりました、リトルキャロル3枚目のアルバム、『リトルキャロル クリスマスコレクションIIリトルキャロルのくるみ割り人形』は、皆さま、お手にとって頂けましたでしょうか。
是非、多くの方に聴いて頂けたら幸いです!!

師走という名の通り、毎日バタバタと走り回っている私ですが、先週、ふと立ち止まって紅葉を見る機会がありました。近くの都内では広めの公園で、ですが。
赤や黄色やオレンジに色づいた木々を見上げると、絶妙なグラデーションがなんとも美しく、日頃の疲れが癒される気がしました。
でも、落ち葉を拾い上げてみると、その1枚1枚の葉は、あまり綺麗とは言えない色をしていたり、穴が開いていたり…
完璧に美しいものはなかなか見つかりませんでした。
合唱も、一人ひとりが全く違った個性を持っているけれど、それが合わさると、一人では実現できない美しい絶妙なハーモニーを創り出すことができるので、紅葉と似たようなものかもしれないと思いました。

一人ひとり、年齢も職業も性格も違うにも関わらず、今こうして一緒に歌えていることには、縁を感じざるを得ません。
歌を通して出会えたこと、本当に嬉しく思います。

私が、ふと立ち止まって見た紅葉の美しさに心が癒されたように、皆さまが私たちリトルキャロルの歌声やステージングをご覧頂き、少しでも癒されたり心揺さぶられたりする体験をして頂けたら幸いです。
皆さまにお楽しみ頂けるステージになるよう、本番まであと数週間、練習に励んで参りたいと思います。

Y.T