こんにちは‼お元気ですか⁇
私は元気になりました。
というのも、先日までワタクシ多分育児ノイローゼだったのです。

私にはイヤイヤ期絶頂の2歳男児と意味不明な宇宙語を話す1歳怪獣(♂)がいます。(この表現も子供ができるまでは「なんて不謹慎な‼」と思いましたが、ママ業界では意外と1〜2歳児を“宇宙人"とか“怪獣"と表現するのはポピュラーです。)

2人の子供はめちゃめちゃ可愛いです。
「ママしゅきー」と言ってみたり、親愛の情からかママの唇を舐めてきたり(お前は犬か‼)。
そしてアクティブ!!元気の塊みたいな2人は走って、跳んで、叫んで、ママアスレチックスに登頂し、パパ滑り台を転げ、布団を敷けば七転八倒、最後に眠くて泣いて電池切れ、就寝...の頃にはこちらもガス欠です。こんな感じでとにかく毎日がドタバタ劇です。

私はまだまだママとして、人として未熟なところがいっぱいです。
私の毎日は、仕事の後に保育園に子供を迎えに行き、病院に通い、夕飯を作り食べさせ、夕飯を片付け、風呂に入って、寝かしつけ。この夜の作業も夫が居てくれたら、できれば1つ手伝ってくれたら楽なのですがそうもいきません。仕事が忙しいらしく朝も夜も会えない日が1ヶ月。私は疲れがたまってきたのか日中の仕事がはかどらなくなりました。当然帰りが遅くなり、夕飯も寝かしつけも全部後ろ倒し。そうすると翌朝起きるのも遅くなり、仕事はいつもギリギリか遅刻。心の余裕も次第になくなり、イヤイヤと泣く長男の声が、宇宙語で泣き叫ぶ次男の声がビリビリと私の神経を逆なでるようになりました。そうするともう我慢していると気が狂ってしまいそうに苦しくなって「うるさい!泣くな‼いい加減にしろ‼!」と怒鳴らずにはいられませんでした。すると子供達は泣くのをこらえ、なんだか軍隊のような動きになります。これはもう精神的虐待。そんなの私だって自覚しています。でもどうしようもないんです。その特にひどい状態が1週間くらい続いた頃、限界を迎えました。子供を怒鳴りつけるのも疲れてしまって、私には泣くことしかできなくなりました。
そこで近くに住む母に助けを求めました。しかし「私だって今出かけてるのよ。母親なんだから自分でなんとかしなさい。泣いたって何もならないでしょう‼」と叱られました。翌日は些細なことで夫とケンカ。また泣いてしまうと「泣いたってどうしようもないでしょ‼早く動く‼」と叱られました。

もう、全てのことが嫌になってしまいました。
もう、消えてしまいたいと思いました。

その翌日、1週お休みしてしまった私には2週間ぶりのリトルキャロルの練習がありました。歌って踊って笑って汗かいて筋肉痛になって(?!)。そしたら何だかすっきり。私にとっての1番の気分転換はやっぱりリトルだったみたいです。

今年も学生あり、会社員あり、妊婦あり、ママあり...色んな境遇のメンバーで歌います。リトルキャロルの歌声が、私のように滅入ってしまった人の心にも響くといいなと思います。
是非会場まで聴きにいらして下さい‼
きっと良い気分転換になりますよ♪

A.K